ネットお問合せ
    電話をかける

ご家族様へ|訪問マッサージ・訪問リハビリ・脳梗塞・脳出血・パーキンソン・認知症・往診・在宅のことなら|大阪-兵庫-京都-滋賀-奈良-和歌山|関西訪問鍼灸マッサージ協会

「何に1番悩んでいますか?」そして「もし自分の大切な家族なら・・・」

何に1番悩んでいますか?? 「何に1番悩んでいますか?」そして「もし自分の大切な家族なら・・・」   私達が最初に教えて頂きたい事は、
「あなたやご家族様のお悩みごと」です。
できるだけお話し頂いた結果、
「もし自分の大切な家族ならどうするか?・・・」
という想いでお話しいたします。

   それはもしかしたら・・・「当相談所の前に○○○な理由で○○○科のお医者様に○○○とお話してみて下さい」という事かもしれませんし、
「今度、うちがご紹介する先生の無料体験でお身体をチェックしながら更に詳しくお悩みをお聞かせ下さい」かもしれません。

「何に1番悩んでいますか?」そして「もし自分の大切な家族なら・・・」 「あなたやご家族様が1番のお悩みが解決できるよう向き合い続けます」 「あなたやご家族様が1番のお悩みが解決できるよう向き合い続けます」
その結果がうちよりも他に相談した方が良い場合はしっかりそのようにお伝えします。
別に仕事の依頼先がうちでなくてもあなたのお悩みが解決されればそれで構わないのです。
もちろん「とにかく無料体験を受けてみたい!!」という事でしたら、すぐにそのように致します。

「何に1番悩んでいますか?」そして「もし自分の大切な家族なら・・・」   私が訪問リハビリマッサージをはじめたきっかけは、自分の診ていた患者様が寝たきりで通院困難になってしまった事を知り、それなら往診でなんとかしてあげたい!!と思って始めたのがきっかけですが、実は、
私の祖父が夜中徘徊したり、
認知症が進行していたり、

歩行が厳しくなってきたり・・・
母親が主に面倒を見てくれていたのですが、
その母親の日常生活もままならなくなり・・・
かなり参っていました。

「何に1番悩んでいますか?」そして「もし自分の大切な家族なら・・・」   そんなときにもし!!
家族以外の誰かが介入してくれて
祖父の身体を楽にしてくれたり
トレーニングしてくれたり
楽しく話し相手になってくれて笑顔が増えたり精神的に安定したり・・・
   そしたら祖父も喜んだでしょうし、私もその喜んでいる姿を見たら嬉しかったでしょうし、何より直接介護している母がもっと楽だっただろうな・・・
だから、

「母と似たような状況の方々にもっと楽になってもらいたい!!」
「家庭の雰囲気がより良くなるお手伝いがしたい!!」
という事がもうひとつの大きな想いです。
ページトップ